【vol.4】シンガーソングライター/俳優 阪本奨悟さん

a2sakamoto3.jpg

【プロフィール】1993年6月13日生まれ 兵庫県出身。兵庫県西宮市出身のシンガーソングライター。 過去に「テニスの王子様」ミュージカルやNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」に出演し、 役者としての将来を期待されるも、音楽への強い思いからその道を選び、東京を離れ、 地元兵庫にて単身音楽活動を開始。 2年間の自主活動を経て、2014年シンガーソングライターとして東京での活動を再開。 5月31日に両A面シングル「鼻声/しょっぱい涙」でメジャーデビューをはたす。 現在「全国阪本化計画」と銘打って、全国各地で精力的にLIVEを開催中。 また今秋10月14日公開の映画『恋と嘘』の主題歌、挿入歌を担当している。

今回のInterviewsは、ムック本『ねこカレ』に出演の阪本奨悟さんが登場。8月に吉祥寺で行われた写真展『ねこカレ』にお越しいただいた際に、写真展やムック本、書き下ろしていただいたテーマソング『ねこのうた』のお話を中心にインタビューしました。

━━━先ほど写真展「ねこカレ」をご覧いただきましたが、いかがでしたか?

写真がすごく綺麗だなって思いました。どんな写真がパネルになるかは僕も事前に見せていただいていたんですが、改めてやっぱり写真展は大きなパネルで写真が見られて、いい空間だなって。ねこちゃんも種類によって全然違っていて、興味深いですね。あとメイキング映像で僕の歌も流して貰えて、座って聞いてくださってる方もいたので嬉しかったですね。

━━━ムック本「ねこカレ」も含めて見て頂いて他の方と撮影したねこちゃんも含め、どのねこちゃんがかわいい、などありましたか?

あ、います!伊勢大貴さんと撮影しているこの子(ムック本を指差して) 、この顔すごいインパクトがあって。エキゾチックショートヘアっていうんですね、はじめて見ました。こんな顔のねこちゃんがいるって知らなかった。僕、犬だとパグがすごい好きなので、こういう顔好きですね。あとは、佐藤寛太くんが一緒に撮ってる仔猫のスコティッシュフォールドとラガマフィンちゃんは触ってみたいな~ほんとかわいい。触ってみたい子は他にもたくさんいて、ロシアンブルーちゃんとかトンキニーズちゃんとか、毛が短い子が好きですね。

━━━阪本さんご自身はご実家で愛犬「ぱんくん」と暮らしていらっしゃったかと思いますが、 今回ねこちゃんの梵平くんと共演してみていかがでしたか?

僕ほんとに普段の生活だとねこちゃんと触れ合う機会がなくて、たまに野良猫を見かけて「いるな……」って思うくらいなんですけど(笑)だからこそ新鮮でした。ねこちゃんは抱っこした時に柔軟性があるというか、すごくふにゃっとしていて、そこが犬と全然違うなって感じました。あと、犬だと知らない人にも人懐こい子が多いんですけど、 梵平くんは警戒心が強い子だったのかな~友達が飼ってたねこちゃんは結構気を許してくれてる感じだったので、こっちがアプローチしていけば気を許してくれるかなって思ってたんですけど、最後までたぶん壁がありました(笑)僕の方から行き過ぎて「こいつウザいな」と思われちゃったかも知れません……(撮影に立ち会ったスタッフの「そんなことなかったですよ!」という声に)ほんとですか?そうならよかった~。

★③

━━━ムック本の中で、ご自身の好きなお写真があれば教えてください。

うーんと……あ、これだな(※ムック本38ページの左下の写真)。片手で僕に抱かれている梵平くんがすごい愛らしくて。僕とのバランスも良くて、飼い主みたいな感じもあっていい写真だなあって思います。

━━━今回「ねこカレ」のためにテーマソング「ねこのうた」を書き下ろして頂きましたが、どんな思いで曲を作られましたか?

実は最初はテーマソングをやらせてもらう話はなくて。今回ギターを持って撮影させて貰ったのもあって、マネージャーさんとも「せっかくだからテーマソングとか歌わせて貰えたらいいよね」みたいな話をしていたら、「ねこカレ」スタッフさんもぜひ、みたいに言ってくださって実現したんです。それで作り始めたんですけど、猫そのもの、ということじゃなくて、ねこみたいな性格の女性に僕が恋をしてしまう、振り回されるというテーマで作ると面白いんじゃないかな~ってことで歌詞を書いていきました。そして一番は、写真展とムック本を見てくださる方々に、より楽しんで頂きたい!という思いで作りました。

━━━曲作りで大変だったところはありますか?

僕はあんまりねこの事に詳しい方ではなかったので、そこですかね。ねこ好きの友達とかに「ねこってどんな特徴があるの?」とか聞いたりしました。歌詞もそれを参考にしつつ、色々想像を巡らせて書いて、だからこの「ねこのうた」は実際にあった事というよりは僕の想像の世界っていう感じが強いかも知れません。

━━━好きな歌詞や聴いてもらいたいポイントを教えてください。

やっぱり「ミャオミャオ」のサビの部分ですかね。最初はちょっとミャオミャオってサビで言うの恥ずかしくて(笑)、僕歌えるかなとか、勇気がいったんですけど、逆にそこを振り切ることで「かわいい」って言っていただいたり、よりこの「ねこカレ」っていう世界に寄り添える楽曲になれたかなと感じているので、今となっては勇気を出してよかったなと思います。なので、「ミャオミャオ」の部分はぜひ覚えて頂いて、一緒に歌える機会がどこかであったらいいなと思ってます。

☆①

━━━最後に、10月に福岡で行われる写真展や、12月に一般発売されるムック本「ねこカレ」を待って下さっている方々にメッセージをお願いします。

僕も今までにない撮影だったので楽しかったですし、この撮影があったから「ねこのうた」を書くことができて、僕にとっても思い入れのある作品になっていますので、ぜひ全国のみなさんにも少しでも届けられたら、見ていただけたら嬉しいなと思います。ぜひ、チェックして下さい!

写真展「ねこカレ」(福岡パルコ)10/6~10/16開催!
http://www.tc-ent.co.jp/sp/neko_kare/#event

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中